気候変動スタートアップ日記

ケニアのスタートアップで企業参謀をしていましたが、気候変動スタートアップを創業するためスタンフォードにいます。米ブラウン大→三菱商事→ケニア。

スタンフォード

書き続けること、行動すること

" data-en-clipboard="true">リーダーは語り続けなければならない、とその昔ソーシャルアントレプレナーシップの授業で習った。 " data-en-clipboard="true">リーダーになれるかはわかっていなかったけれど、私的な文章を書き続けて10年以上になる。 ときに…

2022年「而立の年」から、2023年「Black Outの年」へ

2022年「而立の年」の振り返り " data-en-clipboard="true">2022年は、自分の人生にとって大きな転換点となりました。 20代の熱量の集大成とも呼べるKomazaでの仕事を終え、スタンフォード大学経営大学院に進学したことで、様々なことが一変しました。 年初…

スタンフォード12-16週目:MBA1学期目のクラスのまとめと振り返り

最初の学期は、全科目必修。とはいえ、Finance、Accounting、OSMの3科目は、経験に応じてBase/Accelerated/Advancedを選択していく形だったので、多少の自由は効く。 学期の始まりに、好奇心とFear of Missing Outに引っ張られて上級クラスを取りすぎてしま…

大馬鹿になれるか、という問い

僕がここにいるのは、新しいことをしたいと思ったからだ。 全力で走り抜けた20代で集めてきた経験や理解、感情を、一度バラバラにして、ゼロから組みなおしていくために、あえて今の環境に身を置いている。 バラバラにするとき、自分が当たり前にしてきたこ…

非線形的な変化をもたらすもの

全体の戦局なり結果が見えない時に、注目すべきははやり次の一手であろう。 本当は、だれしもが未来に対して確証を持って次の一手を決めたいと思っている。 だが、実際には、確証を持てる意思決定など、ほとんど存在しないし、最も価値のある意思決定は不確…

スタンフォード9‐11週目:器を問い直す時期

人は、別人のように生まれ変わることができるのだろうか。 学生という身分は、特別な時間だ。何をしてもよいし、何をしなくてもよい。 それまでの自分を白紙にしてもよいし、それまでの自分のゲームプラン通りに進めてもよい。 器を広げるべきか、得手に帆を…

スタンフォード8週目:優先順位、トレードオフ、パラドクス

中間試験とプロジェクト スタンフォードのMBAというと学内では飲み会ばっかりやっているChillなイメージがあるのだが、最初の学期は思いのほか忙しい。 理由は3つで、 ①最初の学期はクラスの数が多い(8クラスくらい) ②難易度が難しいクラスになるとそれな…

スタンフォード5-7週目:考えていること

考え事をするために大学院にやってきた。 まさにそれをやっている。MBAにはActivityを求めてくる人と、Meditationを求めてくる人とがいて、僕はおそらく後者なのだろう。 カオスに身を浸す ビジネスパーソンとしての振り返りと膨大な量の新しい知識の吸収は…

スタンフォード3-4週目:

オリエンテーションから授業が始まり、あっという間に過ぎていく。 同時に延々と続くソーシャルの疲れも出てきて、気持ちもそれなりに動く。 とにかく慣れるまでは、辛抱強く流れに身を任せないといけない。 決めるタイミングはすぐに来るので、それまではす…

スタンフォード1-2週目:

日本での短い滞在を終えて、カリフォルニアにやってきた。 ホテルに一泊して体を休め、翌日からはMBAプログラムが始まる前の学生有志の旅行(Trip)で、タホに向かう。 MBAに行く学生は6月末か7月末には仕事を辞めて、夏の間は南米やアジア、ヨーロッパで旅…

258-259週目:Komaza最後の日に思うこと

とうとうこの日がやってきてしまった。 始まりがあれば終わりがあるのは、世の常なのに、どうしても実感できない。 毎日の延長に明日があり、今日の頑張りが明日の仕事に繋がっていく実感を持って仕事をしてきた5年間が、今終わろうとしている。 「明日の心…

254週目:A Note to Myself

スタンフォード進学のリリースを出した。 tombear1991.hatenadiary.com 数日のうちにTwitterのフォロワーが2,500人ちかく増えて、インタビューの依頼が来たり、メッセージが各所から届いたり、正直驚いた。 リリースは事後的なものでしかないものなので、努…

Knight Hennessy Scholarとしてスタンフォードに行きます

今年の秋からKnight Hennessy Scholarとしてスタンフォード大学の経営大学院に進学することになりました。 学生時代に教育NPOで活動して以来、一貫して社会的インパクトとビジネスの結節点を模索してきました。 社会人になってからはインパクト投資をテーマ…