ケニアスタートアップ日記

ケニアのスタートアップで企業参謀。米ブラウン大→三菱商事→ケニア。

177週目:Comfort ZoneとExpertise

今週も引き続き忙しい。というか、これはもはや恒常化してNew Normalなのではないかと思い始めている。

連日朝から晩までミーティングに明け暮れ、合間に作業をこなし、まとまった思考と準備を週末に。

数週間は何とかなるが、これを定常化していくには体力・ルーティーン含め強化すべき点が少なくない。

 

さて、今週はなかなかしびれる出来事があった。

ケニアの政府機関にレターを届けるという一見シンプルなミッションなのだけれど、担当のお偉いさんがなかなか捕まらない。

直接話すことはできずに半ばあきらめて秘書に渡そうとすると、「これでは読んでもらえないだろう」と取り付く島もない。”This is really shabby job"という言葉に思わず感情もこもる。

時間をかけて推敲した内容なので、「何がいけないのか」と問いただすと、「宛名の書き方がなっていない」とのこと。

三菱商事で高級文房具をしていた時に、ビジネスレターは散々書いていたので、思わず”This is global business standard!"と反問しそうになって、ハッとした。

「自分の枠組み=世界の枠組み=目の前にいる特定の文化的文脈のステークホルダーの枠組み」と思い込んで、ケニアという文化的に特異な地域で、政府機関というローカルに根差したステークホルダーへの対応を、自分の経験則で断罪しようとしていた愚かさに唖然とする。

今の仕事をして4年になり、面倒なことや想定外のことばかり扱ってきた。その意味で、現職における出来事のほとんどは「想定の範囲内」というやつになりつつある。

今回の出来事は、狭い領域であれエキスパートとして経験を積みつつあるからこそできる仕事がある一方で、当たり前という概念が想像以上に自分の中で膨らんでいると直感するいい機会になった。

これは、Expertiseではなく、Comfort Zoneという奴で、まさに成長の敵というべき存在だ。

特定の分野で経験を積み、思考を重ね、理解を深めることはExpertiseの醸成につながり、ひいては自分の可能性を広げてくれる。ただ、よきExpertは常に世界の広さを認識して、Comfort Zoneという自分の城に引きこもらないよう、注意を怠らないものだと思う。

 

などということを考えてぶつぶつ言いながら、ケニアの公文書をいくつかダウンロードして、昔かたぎなお役所英語でレターを書き直している。華金である。

 

 

176週目:新体制

今週は大きなアウトプットが2本重なっており、先週末はずっと仕事に埋もれていた。

その間、いろいろとため込んだ雑務を今週末は片付けることになって、週末なのに結局ほぼ仕事をしていた。

金曜日の夜に、珍しく外食にお誘い頂いたのが唯一の気分転換だった。

 

新卒の会社では、自分からあれこれ手を出したり、過去の案件資料を読み漁ったりして、週末仕事もよくしたものだが、ベンチャー経営に携わるようになって、意思決定とレビューの総量には限りがあるということを実感している。

なんだかだましだましやっているようで、隙間時間やちょっとしたやる気の上下をうまく使って、作業をこなしていった。

参加しているボッシュ財団のフェローシップのインタビューは最たるもので、一見気軽そうに見えて、レビュアーや周りのフェローが政策・公共課題・ビジネスのプロフェッショナルだったりするので、大学時代のエッセー宜しくデータや論文を探しているうちにあっという間に時間が過ぎてしまった。

本当はネコチャンとたわむれるだけ、とか昼からビールを飲むとか、ゆっくり本を読むとかしたいのだけれど、この2週間半くらい特定のプロジェクトに注力したツケが回ってきているので、そうもいかず、難しい。

来週こそは休むのだと決意している。ホテルでも予約してワーケーションしようかしら。

 

 

昨年の資金調達後から、チームの大改革・大増強を進めてきて、気づけばフルタイムのプロフェッショナル5人に加えて、コンサル10人ほどの一大部署が出来上がってしまった。

もともと人は少ないほうがいいという主義なので、人員増を認めずに来たのだけれど、一般的に数人の部門で回す仕事を一人の優秀なメンバーに全部任せるという横暴なベンチャー精神で筋肉質なチームが完成しつつある。

そうした実際上の変化を踏まえて、今月から部署がCorporate FinanceからCorporate Finance & Strategyになる。

部署名そのものは仕事の実績の後追いでしかないのだけれど、チームのメンバーはこれまで自分の職務領域を超える課題に取り組んできたわけで、チームの努力を正当に反映することは意味があるのだと思っている。

 

今の会社に入りたての頃、どういう風な職位・職制がよいか大先輩に相談した時に、「どこの馬の骨ともつかないベンチャーでえらい役職になってもしょうがない。何をすべきかに注力しろ。タイトルが欲しいなら三菱商事でやれ」と諭されたのが、今も鮮烈な印象を残している。

それ以来、とにかくやるべき仕事をCEOになったつもりで考えて、愚直に提案し続け、気づけばとんでもないスコープになってしまっている。

もっとうまくやる方法はあるのだと思うのだけれど、課題から逃げるという姿勢、うまく乗りこなすという妥協が心の底から嫌いなので、どうしようもない。

Work as Lifeのせめてもの救いは、仕事で成果を上げることだと信じて、無理やり手を上げ、何とかし続けるという冒険的な道のりに自分を追い込む。

追い込まれれば、必ず本気になり、気づくと非線形的な成果を生む。ベンチャーにおける自分の仕事への向かい方は、この残念なプロセスの繰り返しでしかない。

いざ部署やらタイトルやらが変わってみると、思いのほか感慨が出てきたりするのだが、そんなものは早々にはねのけて、目の前の課題に向き合っていきたい。

無心で仕事をし続けることでしか、成果は上がらない。

 

174‐175週目:絶賛格闘中

年初の決意で、忙しいのを理由にブログを休まない、を掲げたので、とにかく書いてみる。

まとまらない内容で申し訳ないですが、そんなときもあると生暖かい目で見守って頂けると嬉しいです。

 

仕事:

年初に仕込んでいた案件が上手くハマったり、ゆっくりしていた案件が急発進したりと、ガンガン仕事が動いている。

資金調達も継続しているので、日中は投資家とのコール、カーボンや証券化などのプロジェクトマネジャーとの打ち合わせ、チームが仕事をする上で必要な社内営業、取締役へのアップデート資料作成など、指示出しからピッチ、作業に至るまで、総動員の日々が続く。

新しくメンバーも増えて、去年ほど回っていない感はないのだが、ギリギリ無理な感じにストレッチされており、新卒アナリスト時代を思い出す。日々成長を実感している状況(やれやれ)。

仕事が進まなくて悩むよりも、進みすぎて悩む方がはるかによいので、コロナ禍で身動きが取れない業界の方のことなどを思うと、感謝すべきか。

そういえば、インパクト投資ファンド勢にも、欧米からの出張を解禁する向きがあるようで、弊社の投資家にもケニア・タンザニア訪問するVCが出てきたりしている。

1年くらいはZoomと書面で何とかなるかもしれないが、やはり対面での情報量にはかなわない、と言っていた。

 

その他:

CoachEdのコーチングが最終回だった。総じてとても良い経験だったし、3か月仕事をしながら毎週2時間弱のセッションをする中で、明確な対人関係の変化があった。ちょうど社内での役回りが変わったタイミングでもあり、今の仕事が何とかできているのは、CoachEdのお陰だと思う。

 

ボッシュ財団のGGF2035フェローの日本人メンバー2人とZoomで話す。前回のキャッチアップは昨年末だったのだけれど、相変わらずヨーロッパはロックダウンがきつそうである。来週は日本ネタでのプレゼンをすることになっているので、面白いことを考えたい。

 

情けないことに腰痛と肩こりと頭痛のトリプルアタックに1月末から悩まされている。年始に仕事のスタートダッシュをかけていて、不安とアドレナリンに突き動かされるまま走り込んだのが原因らしく毎週ストレッチやらマッサージをしてだましだまし仕事をしている。回復方向には向かっているものの、当分はフィジカルな無理は禁物。

173週目:

もう2か月くらい働いている気分なんだけれど、まさかの新年3週目でしかない。

三菱商事の後輩もとてもよく仕事をしてくれて、猛烈にタスクを巻き取られており、余剰キャパシティをガンガン再投資した結果、なかなか仕事量がしびれる感じである。

好奇心と根性を備えたチームメンバーを率いるからには、インスピレーションとエネルギーを常にチャージしておかねばならない。

ただ人一倍仕事をするだけでは、Moral Leadershipはとれても、本当の意味でチーム全員に分け与えられるべき成功を収めることはできない。

そう言い聞かせて反省する毎日が続く。

 

このところ、企画のレビューや計画立案のお手伝いが多かったのだが、しばらくぶりに自前の企画仕事を作ることができた。

正直時間がないのだけれど、だらだらやってもしょうがないので、月曜日からは猪突猛進でいくつもり。

 

週末はフェローシップ関連の作業を重点的にこなしつつ、新興国M&Aをしている知人とキャリアについて話をしたり、ナイロビのExpatの集まりに行ったり、Mutual Friendsが数十人いるなぜ今まであわなかったのかわからないメンバーでご飯に行ったりした。
Kilifiに赴任してからというもの、休日は誰とも会わないのがラグジュアリーという生活に慣れきってしまい、人付き合いが減っていたので、こうした機会をちゃんと持っていきたい。狭い世界だからこそ、ちゃんと参加しなければいけない。

 

あとは、芥川賞を若干21歳の著者が受賞して話題になった(らしい)「推し、燃ゆ」を読んだ。

著者の感性の若々しさよりも、鮮烈で直感的な感情描写が抜群であった。才気があふれていて、ぶっ飛んでいる。

なんだこれは!という感じの作品で、正直ジェネレーションギャップに文化人類学的な興味があった自分の期待をはるかに上回る作品だった。

日常の退屈さを、痛みとして切実に描きつつ、生き続ける痛みと向き合うためのアイドル(推し)の存在を多面的に分析している。

生易しく、考えさせられた、とか言えない感じ。「パラサイト」とか、「Joker」とか、「万引き家族」とか社会批評を含む話題作、衝撃作は極力見ているんだけれど、どれとも違う。

弱肉強食のグローバル社会で消耗戦をしている自分からすればSF以上に非日常的な世界観だった。

もうちょっと考えて書評を書いてみたい。

172週目:キャリアについて思うこと

今週は仕事も本格化しつつある中、何人か刺激的な出会い・再会があった。

大学時代に教師をしていたLearning for AllというNPOで同じチームで、その後、開発学の修士を取り、Post Confilict/Emergency Supportの第一線で働いている人。

戦略コンサル・MBAを経て、文字通り世界を股にかけている人。

開発とビジネスの両方の経験を活かし、アフリカのビジネスの第一線で働いている人。

など、図らずして豪華なキャッチアップが続いた。

 

学生時代はキャリアを頭でっかちに考えて、予測したり、分析したりしていて、社会人の大先輩から「リニアにキャリアを考えようとするな」とよく注意されていた。

生意気でとがっていた当時は「考えない行動に意味はない」くらいに思って聞き流していたのだけれど、ようやく意味が分かってきた気がする。

 

新社会人の数年は、どこにいってもガムシャラに食らいついて仕事をしないといけないが、一定の修業期間を経ると、今度は自分なりのアウトプットを求められたり、特異な軸を持つ必要が出てくる。

そうなると、単なるガンバリズムが途端に機能しなくなる。大学時代からCompetitiveなOverachieverだった人で苦戦する典型的なタイプだ。

彼らは、マイルストーンやベンチマークを超えることだけを目指して立ち止まった時に、自分のはかなさ・無力感に耐え切れず、プレッシャーで意思決定をしてしまう。

 

偶発的に見えるつながりを拾ったり、人間としての幅を持たせたり、という自由度の高い意思決定を流れに身を任せながらするのは、一見「考えない行動」でありそうで、実は絶妙なコントロールを要求される。

キャリアにまったく後悔がない人は少ないかもしれないが、自分の得手不得手や好みと現実の折り合いをつけて行くバランス感覚は、新卒イケイケの時にはほとんど意識したことがなかった。

翻って、今週会った人々を見ると、経歴の見事さ以上に、人としての個性や魅力が際立っている。

グローバルなブランドを背負ってなお、個人としての魅力が先立つというのは、すごいことだと思う。

制約と可能性を理解して、思い切って決断する力。大変な時にも遊び心を忘れない余裕。見習うべきことが多い。

 

自分の場合は、思い切ってグローバルブランドを捨て、ローカルの個別具体的経験を重視してキャリアを選んできた。

思考と計算で設計通りに進めてきたところから、どうしたら人間として面白くなっていけるのか、考えてみたい。

仕事云々というよりも、一つの人生としての充実、がカギになるような気がしている。