ケニアスタートアップ日記

ケニアのスタートアップで企業参謀。米ブラウン大→三菱商事→ケニア。

254週目:A Note to Myself

My title

スタンフォード進学のリリースを出した。

tombear1991.hatenadiary.com

数日のうちにTwitterのフォロワーが2,500人ちかく増えて、インタビューの依頼が来たり、メッセージが各所から届いたり、正直驚いた。

リリースは事後的なものでしかないものなので、努力と評価の時差をきちんと認識しないと勘違いしてしまう。

今回の反響は、僕自身がどうこうというより、スタンフォードやMBA、気候変動というテーマへの一般的な関心の高さによるものだろう。

Benjamin Grahamの有名な言葉 ”In the short run, the market is a voting machine, but in the long run, it is a weighing machine”を借りるなら、今回や留学中の評価は、Voting Machineであり、Weighing Scaleではない。

Palo Altoも、よく言えばフットワークが軽くてクレージーさが評価されるが、悪く言えば軽薄な場所。流行に身をさらすことには意味があるが、流されてしまっては意味がない。

十分な武装と覚悟を持っていくのだから、堂々とやりきればよい。

 

ただ、Weighing Scale的な側面があるとすれば、それはずっと前から応援してくれて来た人たちだと思う。

大学時代から、ここに至るまで10年信じてくれた人がいる。

彼らを本質的な意味で裏切らないことが、何よりも大切だ。

同時に、期待に応えるのではなく、期待を超えるために、僕は自分の世界と向き合い続けなければならない。

逆説的に言えば、答えは今の僕のなかにも、応援してくれる人のなかにも存在しない。

もがきながら歩き続ける未来のなかにしか、可能性の極致は存在しえないのではないか。

 

Knight Hennessy Scholarsについては、実績が認められた嬉しさも、新しい挑戦への興奮もある反面、クローズドなElitismの世界に引きこもってしまうことへの恐れもある。

Stanford GSBだから、Knight Hennessyだから、で開けることのできる扉があまりにも多く、勘違いしてしまいそうになる。

気持ちの整理もかねて、以下の文章を書いていた。パーソナルな内容なので、公開しなくてもいいのかもしれないけれど、このブログは一貫して個人の備忘録でもあるので、原文のまま載せておく。

 

Authenticity

Congratulations. You made it. You are no longer nobody. The world started to see who you are and who you can be. That's truly fortunate.

But not being nobody doesn't mean you are somebody. It won't define who you are.

Keep your goals high, stay true to your authentic self, don't be deceived by who others think you are or who you think you should be. That's a trap. There's no true leadership there.  

 

Riding on the Wave

You need to ride on this wave. But you shouldn't let the wave decide where you go. 

Be the master of your own faith. Don't lose focus. Double down on what you have been pursuing when nobody cared about you. Nothing has changed. 

Don't fear being swallowed by the wave. Fear the failure to try and challenge the big wave.  

Be grateful for public recognition. These applauds are for your painstaking effort 10 years ago and for those who supported your journey; the applauds are not meant for you today.

 

Pushing the Boundaries

If you are not failing, you are not pushing yourself hard enough.

Try new things. If you are torn between yes and no, say no. If you want to say no, say yes. Now is the time to explore what you have never felt comfortable. 

Constantly reflect on yourself. Ruthlessly prioritize what you do. Drop everything that doesn't matter. There are not many opportunities in life when you can really do that. Now is the time. 

 

People around You

Don't forget those who believed in you before today. 

They are the ones who know who you are. 

Ask for their feedback. Change what needs to change and keep what they cherish in you.