ケニアスタートアップ日記

ケニアのスタートアップで企業参謀。米ブラウン大→三菱商事→ケニア。

199週目:メルー訪問とConservation Forestryの仕組み

My title

写真をカメラからダウンロードするのをめんどくさがっていたら、2週間も経ってしまった。

--

金曜日に休みを取って、ケニア山にほど近いロッジにやってきた。

バックパックとカメラをもって気軽に旅行するか、がっつり仕事道具をもって考え事をすることが多いので、ちゃんとしたConservancyのロッジに行くのはこれが初めて。

ただ、せっかくケニアに住んでいるので、食わず嫌いせずにResidency Priceでコロナ以前なら絶対に予約できない人気ロッジに行ってみよう、と思い立った。

Conservation Internationalなどコミュニティやランドスケープを幅広く保護する取り組みをしているチームと仕事をするなかで、単なる林業やスタートアップとは毛色が違う、環境保護の元祖であるConservancyに興味を持ったというのもある。

Komazaは、あくまでも農家の収入創出が目的であり、商業植林でしかないが、ケニアをはじめとするConservancyは国立公園のような政府のバックアップをほとんど受けることなく、大自然を売りに海外から観光客を呼び込んだり、オーガニック栽培の野菜や食肉を販売したり、カーボンクレジットを売却したり、様々な方法を使って既に大半が失われたアフリカの豊かな自然を保護している。

当然ながら、スタートアップのようなアグレッシブな資金調達はしていない代わりに、植民地時代から連綿と積み重なった取り組みから学べるものが少なくない。

とりわけ、次の運用は勉強になった。

  • ナイロビなど大都市から離れた場所に位置し、国立公園に隣接して、豊かな生態系を誇る。もともとの土地から、コミュニティ連携や近隣の自然公園との接続など、さまざまな工夫を凝らして生態系・社会制度の面でカバーを広げていく。
  • 植民地時代などから英国系ケニア人が土地を保有しており、牧場などとしても活用されてきた場所を拡張していく。典型的なのは、小高い丘の斜面にロッジを配し部屋から大自然が眺望できるようにして、欧米のホテル並みの設備と食事を提供するために住み込みのスタッフを雇う。
  • 一泊数百ドルから数千ドルという価格設定で、私設飛行場やヘリパッドを完備。富裕層や海外旅行の団体客を呼び込む。
  • 電子柵などで地域を囲み、希少な生物(サイやライオン、チーター、ヒョウなど)を密猟者から保護する目的で、数十人ー百人程度のレンジャーを配置し警備にあたる。
  • 希少生物については位置をコミュニティなどと連携して把握し、重点的にモニタリングする。密猟者の通報システムなども、地域密着型で配備。
  • 域内では入場を制限して、密猟者や時には観光客にも厳しい目を光らせつつ、昔から同地を利用してきたコミュニティには職業訓練やライオンなど危害を与えかねない動物への対応の指導などを手厚く行い、共存を支援。
  • 食肉(Conservation Meat)や有機野菜栽培で観光以外の収入源を確保。ほかにも工芸品や皮革製品など、産業づくりで収入を多元化。
  • 使われるエネルギーや水については再生可能エネルギーなどサステナブル化を徹底。
  • 様々な取り組みを一つのストーリーとして、自然・コミュニティ・地域あらゆる点で調和のとれたエコシステム作りを目指す。ハイグレードなConservacncyが地域を超えたプラットフォームに登録され、互いに交流する。

事業を作るというより、社会のありようをデザインしている感がある。

今回訪問したロッジは20世紀初頭にイギリス人入植者が始めたもので、趣味のいい設計と充実したアクティビティで、「ケニアの国内旅行はこんなものだろう」という先入観を打ち砕かれた。

別世界ではあるものの、興味深い体験だった。

f:id:tombear1991:20210725153155j:plain

f:id:tombear1991:20210725134358j:plain

f:id:tombear1991:20210725134551j:plain

f:id:tombear1991:20210723235536j:plain

f:id:tombear1991:20210724133004j:plain

f:id:tombear1991:20210725000829j:plain

f:id:tombear1991:20210724002424j:plain

f:id:tombear1991:20210724234045j:plain

f:id:tombear1991:20210723231118j:plain

f:id:tombear1991:20210724005158j:plain

f:id:tombear1991:20210724001234j:plain
f:id:tombear1991:20210724132616j:plain