Zeitgeist

ケニアのスタートアップで企業参謀。留学した後の話。

Komaza 76週目:フィンランド出張

My title

今週は一週間、フィンランドで開発銀行と森林投資家、新興国での森林事業者が集まるカンファレンスに参加。

 

フィンランドの林業

初日はフィンランド最大規模の加工施設と森林伐採の現場を見学、翌日からは朝から晩までプレゼンとディスカッションを重ねる。

フィンランドは国土30万平方キロ、森林比率70%と日本(国土38万平方キロ、森林比率80%)と似た国土構成ながら、森林管理がよく発達している。

国民の5人に一人が森林を持っているという分散型土地所有にも関わらず、80年サイクルの伐期をマネージし、民間業者と組合をうまく活用して、林業をGDP生産第二位(一位は鉱業)にまで育て上げた。

高度に自動化され、組織化された林業のバリューチェーンは、上流を個人所有の森林、中流を複数の大手と多数の地元伐採業者、下流を紙パルプや製材などの大企業が占めるという構造。

驚くべきことに、気温が低く降雪期間が長いフィンランドでは、木の生育量は南米のプランテーションの約5~6分の1であり、伐採のサイクルは実に80年に及ぶ。

長い期間かけて成長した木は芯が詰まっており、質の高い材木を確保することができるのが南方材との違い。

投資リターンはIRRで3~4%ほどしかないが、市場とバリューチェーンの成熟度合いが高いことから、フィンランド国債(AA)よりも低リスク(AAAしたがって低リターン)とされている。

 

f:id:tombear1991:20190313095844j:plain

(一台数千万円の機材は、立木を製品規格に切りそろえ、同時にサイズを測定してインベントリデータを作成、さらにマーキングをして搬出時の分類をやりやすくする)

f:id:tombear1991:20190313102152j:plain

(伐採から搬出、輸送に至る各工程でそれぞれに最適化された重機が用意されている)

f:id:tombear1991:20190313101434j:plain
(樹齢八十年でぎっしり詰まった丸太。見事)

 

アフリカ林業の課題と機会

新興国林業の大御所や開発銀行など、業界の最も中心にいるメンバーだけが50人ほどが率直な議論をぶつける場で、ものすごく勉強になった。

各社プレゼンを用意されており、ディスカッションではかなり突っ込んだ数字の議論もあり、あっという間に3日間の現場視察・20プレゼンが終了した。

CEOとBiz Dev責任者と自分の3人だけでの出張で、往復でもいい議論ができた。会社としての事業戦略を次の段階へ持ち上げるヒントを得たのは間違いないと思う。

 

主な学び(かつ書けるやつ)は以下の通り。

  • リスクリターンを考えても、アフリカ森林投資のWACCは12%程度が妥当。PEでは10%後半のリスク評価を受けることもあるが、そのまま林業に当てはめてしまうと、そもそも林業をやる価値がない、という話になってしまう。アフリカ投資のリターン目線に即した投資の実現には、単なるオペレーション継続ではない、ハンズオンによる収益最大化=アセット価値最大化が必要になる。製品ごとに経済性のドライバーは全く異なる。前提として、仕入れの原木価格は常に上昇し続けていることから、利益を確保するためには、①現場レベルでのロス削減(行程の改善&木くず含めた利用)、②プロダクト開発で常に高付加価値を目指す、③ロジの最適化を続ける必要がある。
  • 林業は、きちんと育てて、きちんと加工し、きちんと売る「だけ」でよいシンプルなビジネス。一方で、このすべてのプロセスで「当たり前」を実現するハードルが極めて高い(特に新興国)。アフリカについていえば、次の点が課題になる。
    • その時々の政治的理由による、マーケットの歪み
    • 土地所有権の危うさ
    • 外資としてのコミュニティとの関係
    • 低コストで生産される輸入製品との競合
    • ロジスティクスなど公共インフラ
  • 単位林地あたりの収益性を高めることを考えると、純粋な林業だけに用途を限定する必要はない。農業(アボカドやマカデミアなど、Capexが少なく付加価値の高い輸出品目)でベースのキャッシュを確保し、長期の資金貼り付けが必要な林業のJ-Curve低減に充てる方式や、米国で行われているソーラー発電との併用など、キャッシュフロー構造を改善する工夫はいくらでもできる。
 

番外編:サウナと凍った湖

今回のカンファレンス、業界関係者でもトラックレコードのある参加者だけのクローズドな会で、人生で参加した数多のレセプション・会議のどれよりもずば抜けてよかった。
それなりにプライドも高い頑固な人たちが集まる会で、打ち解けた議論があちこちで起こり、最後は業界として投資する側もされる側も忌憚なく話していこうと終わる見事な運営は、なかなかない。
当分、運営者側に回ることはないのだろうけれど、素晴らしかった点をメモしておく。
  • 現場がアイスブレーク。初日から参加必須にし、まずは現場(高度に自動化・機械化された伐採現場+フィンランドトップレベルの加工工場)で全員の目線をそろえる。特に新興国系の参加者は、わかってはいても北欧林業の完成されたバリューチェーンに心洗われる。基本的にこの業界の人は木や森が好きな人たちなので、このあたりからみんな無邪気モードに突入していった。下手なアイスブレークよりも、みんなが一緒に興奮できる体験を用意したのが奏功している。
  • 参加者の絞り込み。今回のカンファレンスには色々な思惑や文脈があるのだけれど、それにしても完全招待制で50人程度に絞り込んだのはとてもよかった。お互いがお互いを知っている上での会話なので、遠慮のない会話がいきなりされていた印象。
  • サウナ。これはフィンランド外交伝統の必殺技らしい。ちゃんと招待メールにも「海パン持参」と書かれていた。日本とは違い人前で裸になることに抵抗が大きいアメリカ人までも、すっぱだかで30-40人がサウナでギリギリまで接近して(笑)話をしている光景はかなり圧巻。そして、サウナであったまった体をゼロ度の湖(湖の飛び込み台の周りはポンプがついていて、水の流れを作ることで氷が張らないようになっている)に飛び込んで冷やすと、もうBest Buddyなんではないかというくらいにみんな仲良くなる。日本でも温泉で商談するケースを聞いたことあるけれど、大の大人たちがワアワア言いながら氷の張った湖に突っ込んでいくほどのエンタメ性はないかもしれない。フィンランドおそるべし。もちろん、女性には別なサウナが用意されている(だれも湖に飛び込んでいなかった模様笑)。f:id:tombear1991:20190315131804j:plain(湖畔のサウナから、ここに飛び込む。今考えると、なかなかな画だ笑)
  • 朝から晩まで拘束する。これは、参加する側としては相当ハードなものの、実際、朝食から夜中のサウナに至るまで、ほぼ全参加者が8時から夜中まで顔を突き合わせていた。朝遅く始まり夕方早く終わるカンファレンスが大半の中、会場を森の中のリゾート施設にして(文字通り)逃げ場がない状態で缶詰にしたのは、結果的にはよかったのだと思う。大人数だと難しいと思うけれど。

    f:id:tombear1991:20190315133740j:plain

    (会場は、昔の狩猟用別荘を改装したホテル。周りは見渡す限り森と湖で逃げ場がない)
 
というわけで、連日の早朝から深夜までのカンファレンスとサウナ+湖飛び込み(計六回)でフラフラになった体を休めることにする。