ケニアスタートアップ日記

ケニアのスタートアップで企業参謀。米ブラウン大→三菱商事→ケニア。

Komaza Fellowship

135週目:2020年読んで良かった本(第一四半期編)

GWで読むオススメの本を紹介してほしいと質問箱に何件もリクエストを頂いたので、今年に入って読んだ本でとくに面白かった本を紹介します! ※本棚の写真はイメージ(願望)です。。。Photo by Alfons Morales on Unsplash 1. 「高橋是清自伝」 日本人初の…

133-134週目:巣ごもり対応@ナイロビ

巣ごもり生活も一か月が経とうとしている。 この週末にちょうど政府チャーター便があったのだけれど、チームの仕事と時差、そしてケニアに戻れる可能性を色々考慮して、ケニアに残ることにした。 JICAや日本企業駐在員の方などは、仕事そのものがストップし…

COVID19後のインパクト投資:アフリカベンチャーから見た世界

COVID-19の流行で世界が活動を急停止してから、1か月半が経った。3月中旬のようなパニックはないものの、完全な収束までは2年かかるとのIMFの発表もあり、長期的に経済のあり方が一変することは間違いない。アフリカのスタートアップも社会の混乱で直撃を受…

132週目:イースター

WFHも長くなってきて、本格的にブログに書けるネタがなくなってきた。 淡々と仕事をする。ペースを守って、運動をし料理をし気分転換をし続ける。 先週の日曜日に、ナイロビや沿岸州など感染が確認されている地域が大統領令によって封鎖。 ナイロビは発表の4…

131週目:COVID19検査に呼び出される

今週は、ホテル軟禁が終わってナイロビでの生活を本格始動させた。 同居人はアフリカのスタートアップやらPEファンドやら、Kilifiでは他社のプロフェッショナルと日常接点が薄かったこともあって、刺激的。 ただでさえ、Work from Homeでぐったりしていると…

129-130週目:Covid 19 Crisis

ケニアに帰国してからあっという間にコロナが世界を席巻し、株式市場は歴史的大暴落を迎えた。 財務責任者としての自分の仕事は、危機への対応が半分、そして危機への準備がもう半分なので、これまで積み上げてきた仕組を発動させながら、同時に事業への影響…

127-128週目:欧州出張

約1週間半の欧州出張。これまで詰めてきた内容の確認と、「最後の一撃」のために再度ヨーロッパへ。今回はロンドンとパリ。侃侃諤諤に議論を戦わせていたこれまでの出張とは違い、あるべきものをあるべきところに収めていく感覚があり、仕事が終盤に差し掛か…

126週目:Sankalp Africa

今週は相変わらず事務仕事に忙殺される。 DD対応はようやく佳境を超えた気がするものの、投資家同士の調整にひどく神経を使う。 忙しいのは順調な証拠として、色々と気をもみながらも、根本的な不安からは徐々に開放されている。 週内のハイライトは、年一回…

125週目:

先週の越境DDツアーでたまりにたまった仕事を淡々とかたずける。 Good NewsとBad Surpriseがかなりの強度で両方来ており、若干燃え尽きた。 金曜日は激務に連日耐えながら、新しいチャレンジを毎日のように戦っているチームとのディナー。 土曜日はなんとか…

参謀の仕事

大学時代から「人のために仕事をしたい」と言っていて、戦略コンサルに行った友人と話をしたら、「Trusted Advisorになるために経営者の下で働く意味はあるのか?」というテーマで議論になった。 その時はうまく言葉にできなかったのだけれど、スタートアッ…

Komaza 124週目:ケニア・タンザニアDD旅行

今週は投資家の現地DDで一週間キリフィから飛行機をチャーターして、タンザニア、中央ケニアと毎日移動と実査。 現場では役員はもとよりマネージャーからフィールドオフィサー全員が自分の仕事についてガンガン意見を出していて、何度行っても勉強になる。 …

Komaza 123週目:ケニア復帰1週目

今週は月曜日から水曜日までナイロビで仕事をして、木曜日にKilifの自宅に帰ってきた。 2か月ぶりのケニアは夏真っ盛り。めちゃくちゃ熱いし、クーラーないし、先進国で甘やかされた2か月から戻ってくるのはなかなかしんどい。 考えてみれば、2017年にこちら…

Komaza 121-122週目:パロアルト→ロンドン→ハーグ→パリ→ロンドン→ケニア

タイトルの通り、Always on the Roadな2週間だったので、まとめてご報告です。 体力的にも精神的にも追い込まれたけれど、内容ぎっしりで当初のミッションもほぼ達成したので、まあよし。 121週目: この週は、水曜日まで引き続きパロアルト。木曜日からはロ…

Komaza 120週目:パロアルト出張2週目

先週に引き続き、パロアルト。 来週のヨーロッパ出張との間に一度ケニアに戻る必要があったのだけれど、その予定がキャンセルされることになり、2度目の週末を迎えている。 当地は月曜日がキング牧師誕生日という祝日で、スタンフォードまわりの人たちも旅行…

Komaza 119週目:パロアルト出張

新年度の実働1週目。 欧米出張が入る予定で日本で待機していたところ、いきなり2日後に面談が決まり、その日のフライトに飛び乗って、カリフォルニアに来ている。 まだ対面する投資家が戻ってきていないようなので、まだクレージーではないけれど、年初の1週…

Komaza 118週目:2020年仕事始め

今週はまだオフィスも投資家もオープンしていないので、落ち着いて仕事始めをする。 去年の積み残しや途中で終わってしまった会話をまとめて、淡々とメールを送っていく。 嵐の前の静けさという感じで、ここぞとばかりに抽象的な大仕掛けを考えることに注力…

2020年は「実行の年(続)」

1年前の振り返りで2019年は「実行の年」だと定義して、社内で積み上げた実績をテコに思い切った仕事を積み上げることを目標に掲げた。 新興国のベンチャーという有象無象の世界に飛び込むということは、本当にチャレンジングなタイミングでいかに創業者のビ…

Komaza 115-116週目:仕事納め

115週:ケニア仕事納め クリスマスを前にして、ケニアのオペレーションはこれでひと段落。 年末のパーティーも盛大に行われる中、年内にクローズしなければならない案件の最終調整をしつつ、年末最終週にきっちり進行中の交渉をまとめられるようにアポを取り…

Komaza 111-114週目:激動の4週間

前回の投稿から、4週間も空いてしまった。 めんどくさかったわけではなく、余裕がありませんでした、毎週読んでもらっていた方すみません。 4週間前に、「これはヤバい!」という状況から無事年末年始の心配をしなくていいところまで、一気呵成に仕上げるプ…

Komaza 109・110週目:

黙々と作業して、大きなヤマを二三超えたら、気づいたらあっという間に2週間が経ってしまった。 先週は留学時代からの友人で三菱商事の後輩がわざわざキリフィまでやってきてくれた。 昔から開発に興味がある彼は大学院に進んでいて、これからが楽しみになる…

Komaza 108週目

仕事が佳境なのでなかなか話をすることができないのがもどかしい。この一年半仕込んできた仕事がようやく形になろうとしている。あとちょっとのところで最大限の力を発揮できるか、試されている、そんなゾクゾクするタイミングだ。 この数週間、仕事だけでな…

Komaza 106・107週目:新興国スタートアップの評価軸

先週・今週とあまり本業で話せる内容がないので、新興国スタートアップを評価するうえで、考えるべき論点について述べてみたい。 一般的なビジネスDDについては専門書がたくさん出ているので、そういう本に書いてあるBox Tickingな要素をいったん忘れて、ケ…

Komaza 105週目:動いてもらうためのコミュニケーション術

総合商社にいた時も、今の会社でも、社内外との調整が多い役回りをしている。 毎日のようにお願いごとをしないといけない環境にいて、コミュニケーションの温度感を見ながら、想像力を駆使してやりとりする中で、うまくいくときのコツのようなものも見えてき…

Komaza 104週目:ケニア3年目に突入

丸の内の高層ビルでの仕事を離れて、ケニアのド田舎で仕事を始めて今週で丸2年がたった。 ポジションがないフェローからCEOに自分のピッチをするところから始めて、チームを作り、東アフリカのスタートアップとしては珍しい投資銀行やPE出身者で固めたチーム…

Komaza 103週目:KEFRIとJICAとのパートナーシップ締結

ケニア国立森林研究所(KEFRI)と小規模農家向けの林業を推進するためのパートナーシップを締結しました。 これと並行して、KEFRIを技術的に支援しているJICAとも三者でパートナーシップを結びました。 Komazaが世界最大の商業植林者になっているMelia Volke…

ハンズオンへのアプローチ

新興国に限らず、なんだかプロジェクトがうまくいっていない場合に、自分で泥をかぶって手を動かして解決する場面はよくある。 状況を判断し、短い時間でどこにどう介入するかを理解する必要がある。 もちろん、理想的にはその状況をよく理解している人に話…

Komaza 102週目:

今週は月曜日からフルスイングで、進行中のリサーチプロジェクトを進める。 社内のリソース配分が見直され、自分のチームに投下されているAnalytical Forceは約3倍になった。 外部のリソース活用も含めると、相応に大きな所帯になってきたので、仕事の仕方や…

Komaza 101週目:バブルを探せ

「バブルはどこにあり、なぜ起こり、いつ崩れるのか?」 三菱商事一年目のとき、定期開催される部会のマーケット定点観測をしていた際に、毎回部長が言っていた問いだった。 当時は、原油と船舶のバブルが激しい局面を迎えていて、 投資先や関係部署、社内外…

Komaza 100週目:TICAD7

記念すべき、第100週目。 正直、2年前にKomaza 1週目の記事を書いたときには、ブログが続くとも、Komazaでずっと仕事をするとも思っていなかったので、なんだか不思議な感覚。 ほぼ2年間、ほぼ毎週投稿する中で、自分を振り返ったり、考えをまとめたり、感情…

Komaza 99週目:

今週は、チームが休暇から戻ってきて一気に回転数が上がった。 夏休みを取っていた投資家サイドも徐々に戻ってきており、会話をPick Upしていく。 永遠に感じるファンドレイズも2019年前半でカオスにも輪郭が見えてきたので、残りの4か月でそれを形にしてい…