Zeitgeist

ケニアのスタートアップで企業参謀。留学した後の話。

Komaza 90・91・92週目:ヨーロッパ投資家面談など

My title
本当に忙しかった。3週間ブログをすっぽかしたのは、Komazaに来て始めてじゃないだろうか。
前職の同期から、生存確認のメールまで来てしまった。大丈夫です。生きてます。
一週間ずつ振り返り。
 
まず、90週目。
この週は、月末クロージングに向けて進めていたディールが実は全然進んでいないことが判明し、大慌てで相手側の弁護士と直接やりとりして、複雑な契約をまとめ始める。
入金のタイミングや株主間の合意事項など、細かな日程も考えると、大がかりな交渉を丸っと1週間でまとめなければディール・ブレークとなることが分かり、時差をフル活用して夜中まで連日電話会議に明け暮れる。
ドキュメンテーションは基本的にルール通りにやれば良いだけなのだが、マルチタスクで進めていた社外とのプロジェクトのレビューや、翌週の海外出張に向けての段取りなど、同時並行で進めているとなかなか頭がすっきりしない。
最近はチームがめちゃくちゃ優秀なので、彼らから続々と出てくるアウトプットをさばききるのも、以前ほど自分の作業に集中できない理由かもしれない。
あっという間に週末になり、手荷物だけの軽装で最初の目的地アムステルダムへ向かう。
 
 
91週目:
今回はTAでお世話になっているPartnerships For Forests(P4F)のエキシビション@ロンドンのお招きなので、まずはロンドンのヒースロー空港に到着。
P4Fの善意で、前後のファンドレイズに合わせて早めにヨーロッパ入りしてもいいことになっていたので、ヒースロー空港からロンドン市内へ移動し、ユーロスターに乗ってアムステルダムへ。
CEOとアムステルダムで合流し、夜中までその週の打ち合わせとスライド作成をする。
 
あとは怒涛の勢いで、丸一週間かけてアムステルダムとロンドンで10件近いミーティングをした。
一件一件の投資家面談が真剣勝負で、CEOと事前のすりあわせと事後の振り返りを繰り返し、毎回ごとにメッセージの伝え方や構成を見直す。
高々1日2件ほどなのに、猛烈に疲弊する。
そして、特別ボーナスとして、前週から取り組んでいるドキュメンテーションのクロージングが最終局面で、寝れない笑。
そんなことをしている間にあっという間に、一週間が過ぎた。手ごたえはかなり良好で、これからも謙虚に仕事を積み上げていきたいと思っている。
 
余談:今回は出張と重なったのもあり、久しぶりに週100時間を超えてフラフラだったんだけど、何とかアムステルダムとロンドンで数時間ずつ捻出して、ヴァン・ゴッホ美術館と大英博物館に行ってきた。
ヴァン・ゴッホ美術館は何といっても一人の芸術家の作品をまとまった数、時系列で追うことができるという圧倒的な迫力が特色。
画商から画家に転向し、オランダの大画家たちの作風に影響を受けながら、次第にフランスに集まる印象派に居所を見出し、最後はそこをさらに昇華させて独特の作風に至る一連の説明を見ながら、絵画を鑑賞する。
芸術鑑賞そのものの魅力というよりも、生き方について考えさせられる展示構成だ。
 
大英博物館は、美術館とは対照的。なんだか巨大な書斎のような感じで、地域と時代を主な区切りとして万物が無機的に並べられている。
まるで、昔のGoogleのようで、雰囲気そのものにわくわくした。
こっちはむしろ足早に全体を見回して、おきまりのロゼッタストーンやアッシリアの石像を確認して、つかの間のロンドン観光は終了。
 
 
92週目:
月曜日に急遽入った投資家面談のため、ロンドン滞在を伸ばす。
午前中にかなりいい意味で意外性のある面談が実現し、チームで簡単に祝杯を挙げる。
1週間半、連日の面談とその準備、ミスったら終わりという緊張感でげっそりしたCEOとハイタッチをして別れる。
 
先の便でケニアに戻ったCEOと数時間差のフライトだったので、思い切ってClimate Policy InitiativeとBank of America Merrill Lynchが主宰するセミナーに顔を出す。
約1年前にCPIに賞をもらったのが、会社としても個人としても転換期になった。
相変わらず彼らにはお世話になりっぱなしなので、挨拶をして一路空港へ。
 
ナイロビではいくつか至急の面談があり、それを済ませて早々にKilifiに戻ってきた。
しばらく不在にしていてもチームがバンバン仕事を進めてくれているので、丸一日かけてキャッチアップを済ませ、投資家面談のフォローアップの段取りを組む。
今回はかなり重めのプロジェクトを同時並行することになりそうで、その段取りを早めに考える必要があり、これは今週末と来週頭くらいまで使うことになりそうだ。

初ロンドンなので、しっかりCityも見てきた。

 

P4Fパンフレットも用意して、プレゼンも成功に終わった。

 

初夏の日差しを求めて、ハイドバークで打ち合わせしたりもした。ThinkPad開いて仕事しているKY外国人になっていたはず。