ケニアスタートアップ日記

ケニアのスタートアップで企業参謀。米ブラウン大→三菱商事→ケニア。

Sankalp Africa 2019

My title

先々週の水曜日、ナイロビで開かれたアフリカ・ベンチャーのカンファレンス、Sankalp Forumに行ってきた。

主催者はAavishkaarというインドのVCで、ソーシャル・インパクトの高いビジネスに限って投資しながら30%超のリターンを生んだ伝説的なファンドだ。

この一年で、TIAACREFという世界最大規模の機関投資家のヘッドがボードに加わったりと、新興国VCを代表するファンドとして存在感を一層強めた印象。

実は、主催者であるAavishkaar創業者のVineetは、僕のキャリアの恩人でもある。

全イベント参加できた去年とは違い、今年はレセプションにしか出られなかったので、今回は彼との出会いについて書いてみたい。

 

f:id:tombear1991:20190310195117j:plain

(レセプションの様子)

 

彼と初めて出会ったのは、2015年の冬、日本でのインパクト投資のパイオニアであるARUNが開催したイベントでのことだった。

パソコンを探したら出てきた当時の写真はこちら。

f:id:tombear1991:20190310194527j:plain

 

まだ会社員1年目で、なかなかオフィスから抜け出せない中、意を決してオフィスを出たのが7時半ごろ。

ARUNさんが企画したイベントはとっくに始まっていて、自分が会場に入った時には1時間のプレゼンの最後の10分程度だったと思う。

ただ、このフィールドは土地勘もあったし、事前にAavishkaarについては調べ上げていたので、日本でおなじみ誰も手を上げない質疑応答で、ひたすら質問を投げ続け、最後は帰り道のエレベーターで自己紹介まで恥も外聞もなくやった。

ここまでやることはあんまりないけど、Vineetの投資への姿勢、ビジネスと社会的インパクトのバランス感覚には、ワシントンDCや海外の会議で見たこともないものを感じて思わず徹底的にやってしまった。

それくらい衝撃的な出会いだった。

 

それからは、メールを通じてやり取りをするようになって、三菱商事を退職するときにも、ちょうど東京に来ていたVineetを捕まえて(時間を頂いてというよりも、こちらの表現が正しい気がする)、ケニアに来てからもムンバイのSankalpで、立ち話をしながらフィードバックをもらう。

 

初めて会ってから4年くらいしか経っていないのだけれど、ここまでダイナミックにキャリアを作れたのは、Vineetと会うたびに一番深いところで悩んでいる問題についてアドバイスをもらえたからだと思う。

多くの人が、社会的インパクトを表面的なきれいごとにしたり、自己満足の手段にしかできていない中で、いかにビジネスと社会的な善行(数字ときれいな写真に飾り付けられたアニュアルレポートではなく!)を投資家として実現するか、本気で悩み続けているVineetの言葉に今回も励まされた。

あとは現場で成果を残していきたい。

f:id:tombear1991:20190310195103j:plain

(毎回恒例になりつつある写真撮影)