Zeitgeist

ケニアのスタートアップで企業参謀。留学した後の話。

Komaza Fellowship1週目

My title

ケニアでの記念すべき最初の1週間目が終了して。エアコンなし、温水なし、ヤモリいっぱいの生活にも慣れてきたところで、今週の振り返り。

 

総括

キャッチアップは順調、仕事の方向性もつかめてきたので、きちんと時間内に成果を出していくことに注力する方針。ケニア国内外 からこんな僻地に驚くほど優秀な人が集まっているのはグッドサプライズ。前職のプロジェクト経験がほぼそのまま仕事に役立つことも多く、専門用語での議論で全く困らなかったのは奇跡だと思う(とはいえ前職の経験というのは与えてもらったもので、もう増えることもないので、そこから何をするかの方がはるかに大切)。今回の転職で、立ち位置がアナリストからオフィサー的な感じになっているのに早く慣れて、仕事のペースを作りたい。

 

f:id:tombear1991:20171006234207j:plain

オフィスの様子

オフィス内の様子。手前が筆者の席。

 

生々しい記述もあるのだが、せっかくなので今週書きためていた日々の感想を載せておきたい。

 

先週末:

金曜の夜に到着して倒れこむようにベットに飛び込んだのが2日前。ビーチで気休めをしつつも、正直心が落ち着かない。体が強いわけでもないのを、いろいろ心配してギフトを送ってくれた前の会社のチームや上司に安着の報告をしながら、冷静に自分はやっていけるのだろうかと不安になる。このやばい感じ、留学に向かう直前に似ているかもしれない。スキルセットもさることながら、一から人間関係をつくっていくプロセスにプレッシャーを感じる。

 

月曜日:

Onboarding初日。どうやら会社は自分の採用後も急成長しており、オフィスだけで50人強、フィールド合わせると300人強の陣容に拡大していることが判明。

ファンドレイズもSeries Aで10百万ドル以上レイズしており、次シリーズに向けた準備も始まりつつあるということで、事業は想像以上に順調のように見える。

あまり良く分かっていなかったのだが、自分のいるSenior Fellowというポジション自体、今回新設されたものらしく、しかもどこの部門にも属さずCEO直轄案件を担当するというのも、初めてのことらしい。「期待しているからね〜」という言葉が地味に突き刺さるのを忘れようと、淡々と仕事に向かう(というかやっぱり業務要件定義されていない!!!)。東京やアメリカで仕事をするなら、思いっきりダッシュをかけるところだが、今回ばかりはCEOのアドバイスに従い、最初の一ヶ月は緩く仕事をして慣れることに注力しよう。

 

火曜日:

午前中は人事による会社案内。各部門を巡って挨拶しまくる。名前を覚えるのがきつくなってきたけど夜も復習していち早く覚えたい。

 

水曜日:

ようやくCEOからデータルームへのアクセスコードが届く。ついに、ということで久しぶりにアナリスト魂が疼く。経営メンバーとの面談も着々と進め、いち早く信頼を得たい。全部門の横断でバリューを出せるのか、領空侵犯で撃墜されるのかは、信頼の有無にかかっている。これまで会社を作ってきた先人への尊敬を忘れずに、誠実に仕事に向き合いたい。

 

余談だが、投資する側より投資される側の方が百倍楽しいのではないかという感覚が日に日に強まっている。みんな応援する側に立ちたがるけど、中で手を動かす充足感というのは全く別の性質。それだけを頼りに10年かけて会社を作ってきたCEOへの畏敬の念も同時に強まっていく。そして、初めての断水。風呂は入れるうちに入っておくべきという教訓を体得した。

 

木曜日:

引き続き、断水が続き、貯水槽から水を汲んでシャワーを浴びる生活。当たり前の生活のありがたさを思い知る。仕事は順調にキックオフしつつあり、月曜日はかなり曖昧模糊としていた仕事内容も、輪郭が見えて来る。とにかくは会社全体の事業の把握とキーパーソンとの関係づくりということで、ひたすら主だった人にアポ入れしつつ、フェロー仲間とのランチ中も彼らの仕事について質問攻めにする。初めてのスワヒリ語の授業。会議と仕事で頭が過熱している状態だと、先生の問いにおうむ返しで答えることさえ辛い。

 

金曜日:

自分のデスクがついに確定したので、ようやく文字通り腰を落ち着けて仕事に取り掛かる。   CEOの部屋の真向かいで農家向けのアプリ開発をする部門と同居。ドイツ人のリーダーと早くも気が合い仲良くなる。アプリ・システム開発はこれまでなんとなくしか触れていなかった世界なので、これを機にしっかり勉強したいし、今後会社の中期経営戦略を立てるための重要指標を測定するのは彼らなので、今からブレストに入れてもらって、がっちりSpec-Inすることにした。夜は海辺にあるゲストハウスでピザ・パーティー。毎週金曜日の恒例行事らしい。久しぶりに夜中までビールを飲みながら、ハウスメートとビリヤードをする。

 

 

f:id:tombear1991:20171006234549j:plain

オフィス敷地の一角に山積みされた木材。農家から買い付けた木材を一旦保管し、電柱やポール用材として販売する。

 

 

 

 

1クリックよろしくお願いします! 


アフリカランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ
にほんブログ村