Zeitgeist

留学した後の話。

Big, Powerful Questions

今夜はMITのフィンテックのオンラインコースの課題に追われているので、手短に。

このコースはMITのフィンテック関連の教授陣・起業家陣が教えている3ヶ月のプログラム。

最初の数回は基本的な文献やマーケット、取引、電子貨幣など各カテゴリーの知識を深めていく形式なのだが、さすがアメリカ流だけあって導入編からエッセイの提出が義務付けられている。

先週の質問は「なんでこのコースを取っていて、何を成し遂げたいのですか?」というもの。

そして今週は「学んだカテゴリーに見られるトレンドについて簡潔にまとめ、このトレンドが今後どのように変化していくのか」。

導入編だからといって、手加減なしに業界の未来を語らせる。

フィンテックというと個別のアプリや事業にばかり目が行く中で、大きなトレンドを捉えて、そこから何をビジョンとして描くのかを問いかける「大きな問い」(Big Question)から学べることは多いと思う。

(ちなみに、このクラスの中盤はプロジェクトで、最後は起業または会社内事業開発のいずれかの形でビジネスプランの発表もするので、今答えを求められている大きな問いは具体的なビジネスアイデアに結実するはず汗)