Zeitgeist

留学した後の話。

最後の章

時間が経つのが早すぎる。

自分の筆の遅さを憎みながらも、なんとか毎日のノルマだけは達成してしのいでいる。

長期戦だけに中途半端な無理はできない。

 

昨日はやや大きなハプニングがあり、あてにしていた論拠がたまたま一気に削除されてしまった。

後悔先に立たずなので、そこからどう新たに道を作るかが腕の見せ所。

 

絶望とか希望とかで割り切れない、心も体ももうろうとした感じで、肉体の片隅に残る意志だけで書いている。

のこり2週間で、いろいろあるんだろうけど、すべては自分の意志と忍耐への試練だと思って、めげずに乗り越えていきたい。

 

心を正しくもち、体調管理をして、最後の最後までやりぬきたい。

自分のこれまでの努力を、裏切らないために。

失うものなどないのだから、のびのび書けばいい。