Zeitgeist

留学した後の話。

友帰る

20140202

ルームメイトが帰ってきた。

夏も冬も、学期中もインターンやインタビューに明け暮れていた彼が、一学期いない間に、大学院も念願の米国での就職も決めて、一層力をつけて帰ってきた。

注意散漫な、ともすればあくせくしている印象さえあった彼の変化に、驚く。

素直に、悔しい。小さい自分が憎い。

日本という僕の人生の中心たる存在と、それを導くための修行。

何をすべきなのかを今一度考えて、それに一日も早く向かって行かねばならない。

 

今、僕の心はSocial Entrepreneurshipという領域にある。

まだ完全に定義されない、まっさらな領域。そして、世界の未来がそこにある。

ここで粘り負ければ、日本が遅れ、世界が遅れる。

世界の中での日本の役割はなにか、もう少しで見えそうだ。

そしてそのために何をどこでなすべきか、追いつめるしかない。

 

難きを見て為ざるは丈夫の志にあらず、益あるを知りて興さざるは報国の義なきに似たり。

福澤諭吉