Zeitgeist

ケニアのスタートアップで企業参謀。留学した後の話。

就活を効率化する5つのコツ

新卒で社会人になってから5年以上がたつのに、時々知り合い経由で就活の相談を受けることがある。 学生時代は、海外にいたこともあり、ボストンキャリアフォーラムという一世一代の大博打だけに絞って就活をして、いわゆる外資からこてこて日系総合商社まで…

Komaza 80週目:感情を整理する方法

今の仕事の大半は、テーマを設定し、アプローチを考え、データを集めて理解し、表現し、判断するという一連のサイクルの繰り返しになっている。 このプロセスには、ビジネスやファイナンスで使われる技法を使いながら、より正しい現状理解と課題設定をするこ…

Komaza 79週目:FAOでのプレゼン

今週は月曜日から水曜日までローマ出張、そこからナイロビ出張、という移動の多い一週間だった。 (FAOはムッソリーニ時代に植民地省が置かれていた建物で、目の前はチルコ・マッシモとコロッセウム、後ろにはカラカラ大浴場という絶景を眺めながら、屋上の…

Komaza 78週目:Principles of Impact Investing

いつもKomazaでお世話になっている創業初期からの投資家Jorisが、LinkedInで面白い投稿をしていた。 インパクト投資と呼ばれるアセットクラスは、2000年代から少しずつ成長が始まり、GIINの調査によると2018年には総額25兆円近いAUMを持つ一大セクターになり…

Komaza 77週目:ビジネスの原則を辺境で通せるか

日本帰国からフィンランド出張を終えて、帰ってきた初週なので何かと慌ただしい。 資金調達の波もまたやってきているので、うれしい悲鳴だ。 あちこちで寄せては帰す波のように引き合いがあるので、それを全力で打ち返していく。 まだまだチームとしてのキャ…

Komaza 76週目:フィンランド出張

今週は一週間、フィンランドで開発銀行と森林投資家、新興国での森林事業者が集まるカンファレンスに参加。 フィンランドの林業 初日はフィンランド最大規模の加工施設と森林伐採の現場を見学、翌日からは朝から晩までプレゼンとディスカッションを重ねる。 …

Sankalp Africa 2019

先々週の水曜日、ナイロビで開かれたアフリカ・ベンチャーのカンファレンス、Sankalp Forumに行ってきた。 主催者はAavishkaarというインドのVCで、ソーシャル・インパクトの高いビジネスに限って投資しながら30%超のリターンを生んだ伝説的なファンドだ。 …

Komaza 75週目:日本→ケニア→フィンランド

今週は日本から戻って、Kilifiに数日、そこからNairobiに戻って今夜からフィンランド(!)に向かう。 フィンランドはヨーロッパ随一の林業国であり、現場含め色々と見て回る予定。 参加するカンファレンスの予定表には、 ①当地の気温はマイナス20度~5度程…

Komaza 73-74週目:日経SDGsフォーラム登壇で日本デビュー

怒涛の二週間をまとめて振り返る。 完全に言い訳ですが、時差ボケと仕事で余裕なく、しかもきちんと書きたかったので、まとめて更新です。 2/18-2/24:Kilifi→Nairobi→Japan 月曜日・火曜日はKilifiで新しいプロジェクトの立ち上げ、水曜日からはナイロビ出…

恐怖と向き合う

このところ恐怖というものについて考えることが増えてきた。 何かと不安になり、几帳面なわけでもないのに潔癖でどうしてもイライラしてしまう。 落ち着かなさゆえに、無謀と言われた留学をしたり、卒論を書いたり、海外大生が遠慮する日本の大企業で仕事を…

Komaza 72週目:炎上案件を楽しむ

炎上案件は、最高だと思う。 スリルやプレッシャーもさることながら、ソフト・ハードの技術を駆使しながら、最短で制約を乗り越える訓練として、ベストだからだ。 つい最近も別の部門のプロジェクトの緊急支援要請が来て(もちろん、定常業務の上に乗っかる…

宇沢弘文「社会的共通資本」

この本は、日本の冠たる経済学者、宇沢弘文が提唱した社会的共通資本に関する論文をまとめ、編集したもので、経済学の世界におけるコモンズの位置付けに始まり、交通、自然、教育、医療に至るあらゆる社会的共通資本について考察した意欲的な一冊。 岩波新書…

Komaza 71週目:Watamu → Kilifi → Nairobi → Kilifi

週末をWatamuで過ごし、火曜日からナイロビ出張、木曜日にKilifiに戻って、金曜日は投資家訪問と採用面接という慌ただしい一週間。 WatamuはKilifiとMalindiの中間にあるリゾート地で、国の海洋自然公園に指定されていてシュノーケリングやダイビングが盛ん…

Komaza 70週目:Hard Things対処法

新興国xスタートアップあるあるでも書いた通り、大企業を離れての仕事は「そんなことある!?」という出来事の繰り返しで、気力と体力を切らさないように知力を尽くすプロセスだと思う。 幸か不幸か僕自身はまだまだ死なない程度のHard Thingsしか経験でき…

Komaza 69週目:ソーシャルセクター必読ブログリスト

学生時代からブログを始めて、気がつくともう8年目になる。 書く方については人生のフェーズや仕事の忙しさによって波はあったけれど、読む方は一貫して大好きで、10年近く続くブログであっても、大好きな作家の全集を読むような気持ちで完読することもある…

Komaza 68週目:”Darkest Hour”

金曜日の夜にAmazon Primeで映画”Darkest Hour”を観た。 Darkest Hour - Official International Trailer (Universal Pictures) HD 5年以上にわたる戦争の一番初めの1ヶ月余り、宥和政策に失敗しナチスの台頭を許したチェンバレンの失脚から、異端児として忌…

Komaza 67週目:仕事始め

ケニアに到着して本格的な仕事始め。 年末年始から準備してきた作業がキックオフされていく。 去年の一大反省点として、自信のなさゆえにポジションを取りきれず、最終的に案件が炎上したり、二度手間になったりしたので、今年は思い切って拙速を恐れず意見…

Komaza 66週目:映画「RBG」

日曜日に出発しいよいよケニアに戻ってきた。 日本滞在中も半分強の時間を仕事や勉強にあてていて、会いたいメンバーの人に会えていなかったのが心残りだけれど、ぎっしり学びが詰まった日本滞在だった。 さて、今週のブログはケニアへの飛行機で観た「RBG」…

2019年「証明の年」から「実行の年」へ

昨年のブログでは、2018年を「証明の年」と位置付け、「準備」を開花させることを掲げていました。 実際この1年間は、紛れもなく証明することを毎日求められた年でした。 仕事に慣れて、評価もある程度確定した安住の地を離れて、縁故の全くない場所でゼロ…

Komaza 63・64週目:日本に一時帰国

12月の中旬に日本に帰ってきて、走り回っている。 世界の片隅のスタートアップでしゃかりきになっていると、頭も心も目の前の仕事にばかりいってしまいがち。 束の間の日本帰国は、懐かしの日本滞在をエンジョイするだけでなく、視座をあげたり、新しいもの…

Komaza 62週目:ルワンダのAfrica Green Growth Forumでパネルしてきた

今週のブログは、実は今週の話ではなく先週の出来事です(もはや意味をなしていない。。。) 本当は先週のブログをこっちにすべきだったと、更新してから気づきました。すみません。 Climate Policy Iniativeのお誘いで、ルワンダの首都キガリで行われた、Af…

Komaza 61週目:Noの意味

投資家と向き合いながら、会社の事業について説明する仕事も1年が過ぎた。 いくつもの感動的なYesをもらい、一方でそれよりもはるかに多くのNoをもらった。 営業をしたことのある人なら、もっと詳しいのだろうけれど、Yesは一種類(投資します!)しかないの…

Komaza 60週目:年末に向けた追い込み

今週末は、モンバサビーチのリゾートに行ってきた。 「モンバサ」というと、物流ハブのイメージが強いけれど、モンバサ市内から30分もドライブすると、東京に湘南や鎌倉があるように、綺麗なビーチが広がるリゾート地がある。 あったかーいシャワーに、キン…

Komaza 59週目:「西郷南洲遺訓」と事業に学ぶこと

今週はこの2週間毎日睡眠を削って取り組んできた大仕事が無事に形になる。 来週のクロージングでひと段落と思うと、ようやく一仕事という感じ。 今週末は気分転換に、日本から持ってきた西郷南洲遺訓を読む。 西郷隆盛といえば、幕末という時代に殉じた代表…

Komaza 58週目:人生の転換期と「遠い太鼓」

村上春樹の「遠い太鼓」という旅行記を読んで、思うところがあったので抜粋と合わせて書いておく。 このエッセーの題材となった南ヨーロッパでの生活は、「ノルウェイの森」で空前の大ヒットを記録する直前の村上春樹の30歳の終わりの3年の出来事だ。 3…

Komaza 57週目:大一番を生き抜くために考えたこと

Komazaに来てから一番の山場といっても過言ではない数週間だった。 ファンドレイズのドキュメン、大手投資家のDD対応、戦略・経済性のシミュレーションという重いテーマ揃いで、合わせてグラントの仕事もこなさないといけない。それに加えて、突発的な出来事…

Komaza 56週目:最後に大切なもの

今週末は来週の大仕事に向けた最終調整。 連日の仕事でヘロヘロになりながら、最後の一押しを頑張る時。 数年ぶりに自分の限界スレスレを飛んでいる感じがある。 これまでも何度かこういう「ここぞ!」という瞬間があったけれど、自分にエールを送るつもりで…

Komaza 55週目:ケニアに来て1年で身に付きつつあること

前回の記事に続いて振り返り。今回は、まだ途上だけど身につけつつあること。 tombear1991.hatenadiary.com 前回の投稿では、仕事のカテゴリ的なものが中心だったので、今回は精神的な面について。 不安定な状況、確率的にしか成功が見込めない中で、バラン…

Komaza 54週目:ケニアに来て1年で身についたこと

先週末は、仕事に埋もれる辛さから逃れようとモンバサのSerena Resortというホテルに泊まりに行く。 ビーチの前のリゾートで、雰囲気も料理も抜群だった。 仕事の方もバリバリ進んで、うそのよう。 毎日の仕事をいかになんとかするのか、やる気がないときの…

Komaza 53週目:ナイロビでの思いがけない再会

昨日に引き続き、今日も投稿。 今回のアメリカ出張は、個人的にも何人もの再会があった。 ブラウンの時の友人たちや、ファイナンス業界で大活躍している親の世代の先輩も然り、4年ぶりのアメリカを満喫する(ちゃんと東海岸名物クラムチャウダーとステーキも…